Lightning Advanced Unit の LTGコンテンツエリア投稿リスト のHTMLがカスタマイズしやすくなりました

Lightningでは投稿リストは module_loop_post.php に書かれており、カスタム投稿タイプで変更したい場合などは、
module_loop_[カスタム投稿タイプのスラッグ名].php で子テーマに記載すれば反映される構造になっています。

ウィジェットで同様の表示をする場合はLightning Advanced Unit の「LTGコンテンツエリア投稿リスト」ウィジェットを利用する事になりますが、この部分のソースコードがプラグインに書かれているであるために子テーマでカスタマイズ出来ないという意見がありましたので、Lightning Asvanced Unit 3.3.0にてテーマ内(あるいは子テーマ)の module_loop_[投稿タイプ名].php を読み込むように 改変しました

Lightningは ExUnit 及び AdvancedUnit というプラグインを組み合わせて利用する前提のため、プラグイン側のファイル改変がしにくいという面もありますが、ご要望がありましたら出来る範囲でカスタマイズの幅は広げたいと思いますので、フォーラムGitHubなどに書き込みいただければと思います。

今後ともLightningをよろしくお願いいたします。

Lightningの情報をお届けします

設定ガイド

プラグインやウィジェットの使い方がわからない場合、まずは設定ガイドのページをご確認ください。