Lightning Pro 4.3でヘッダー透過機能が使えるようになりました

ヘッダー部分について、トップページのスライドやビジュアルを透過させたいという要望をいただいておりましたので、Lightning Pro 4.3.0 にて実装いたしました。

仕様上の注意

子テーマでheader.phpをカスタマイズしている方はheader.phpを見直してください

下記ページの header.php の変更になっている箇所を同様に対応してください。

※こういった仕様変更があるためheader.phpのカスタマイズは非推奨です。フックなどで対応できるカスタマイズは極力フックを使ってください。わからない場合はフォーラムにて質問してください。

トップページのスライド利用時以外のケースで利用する場合はスペーサーブロックなどで余白をつけてください

ヘッダー透過にした場合に、ヘッダーの下にあったコンテンツはヘッダーの下に埋まります。

トップページのスライドについては自動で補正する処理が入れてありますが、その他のページにおいては利用状況によって処理が異なるため、各自スペーサーブロックなどを利用して調整ください。

現時点ではJPNSTYLEでは使えません

JPNSTYLEはスライドやページヘッダーが固定だったりナビゲーション処理が特殊なため、ヘッダー透過機能には対応しておりません。予めご了承願います。

Lightningの情報をお届けします

Lightning JPNSTYLE

「JPNSTYLE」適用時にヘッダー画像をページごとに設定していただくことができます。標準でページ背景やタイトルアイコンに和テイストのパーツが設定できるようになっているので、和風サイトに適しています。

無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」を同時に利用することで、柔軟なサイト制作が可能です。