Lightning Pro 5系 でのカラム指定の不具合と無料版10系 / Pro版5系の仕様解説

レイアウト設定

Lightningのご利用ありがとうございます。先日アップデートした Lightning Pro 5系で、投稿タイプ毎にカラム数を指定できる機能を追加しましたが、「ホームページ設定」で固定ページではなく最近の投稿を指定していた場合に、カスタマイズ画面で指定したレイアウト設定及びサブセクションの表示制御が適切に反応されないで不具合を確認し、5.0.7 にて全て修正いたしました。

やや仕様が複雑になっており、利用時に混乱する事もあるかと思いますが、以下の仕様となっております。

“1カラム”はサブセクションも表示されます

レイアウトの選択は

  • 指定なし
  • 2カラム
  • 1カラム
  • 1カラム(サブセクション無し)

から選択できますが、「1カラム」を選択した場合は、メインのコンテンツの下にサブセクション(2カラムの時にサイドバーに表示される要素)が表示されます。

サイトバーの要素を非表示にしたい場合は「1カラム(サブセクション無し)」を選択してください。

記事詳細ページでの指定が優先されます

レイアウト設定は以下の順番で数字の小さい方の設定が優先されます

  1. 個別記事の編集画面で指定する「Lightningデザイン設定」のレイアウト設定での指定
  2. 固定ページの「ページ属性」の「テンプレート」で指定したテンプレートのレイアウト(現在はこちらの選択は非推奨)
  3. 外観 > カスタマイズ > Lightning レイアウト設定 での指定

これは 例えば固定ページなど共通で2カラムにしたいが、特定のページだけ1カラムにしたいというケースはよくあると思うので、個別のページでの指定が優先される仕様としています。

恐らく固定ページなどは混乱しないと思うのですが、トップページにおいて、トップページに固定ページを指定している場合は、外観 > カスタマイズ画面 でのレイアウト指定よりも トップページに割り当てた固定ページの編集画面のレイアウト設定での指定が優先されますので特にご注意ください。

例外 : 投稿のトップだけカスタマイズ画面での指定が優先です

外観 > カスタマイズ > ホームページ設定 で 固定ページを選択した場合に、投稿のトップにした固定ページについては、固定ページ側の設定は無視されて、外観 > カスタマイズ > Lightningレイアウト設定の指定が優先されます。

これは、4系での指定がそのようになっていのと、ホームページ(トップページに指定した固定ページ)の場合は更新のため比較的頻繁に編集画面を開くので、そこでレイアウトを変更した場合に反映されないと利用者に違和感が出るのに比べ、投稿トップの固定ページについては該当の固定ページの編集画面を開く事がないためです。

ホームページの設定画面

ホームページ設定に「最新の投稿」を選んだ場合もトップページの設定が優先されます

こちらは混乱する方はいないと思いますが、ホームページの設定で「最近の投稿」を選んだ場合は「アーカイブページ [投稿]」= トップページとなりますが、Lightning レイアウト設定パネルでの指定は 「アーカイブページ[投稿]」の指定よりも「トップページ」の指定が優先されます。

補足

Lightningの情報をお届けします

VK All in One Expansion Unit

WordPressでウェブサイトを構築する時に毎回沢山のプラグインをインストール・更新するのが手間ではありませんか?
また、気に入ってたテーマの機能があるけれど、テーマを変更するとその機能が使えなくなるからテーマを変更出来ないといった事はないですか?

VK All in One Expansion Unit は最近のウェブサイトに求められる様々な機能を実装した多機能統合型プラグインです。

もちろんプラグインなので、テーマ(デザイン)を何にするかはあなたの自由です。