モバイル時のスライドショー画像を登録出来るようになりました。

今までトップページメインビジュアル(スライドショー)について端末の画面サイズが狭い場合には両端15%を非表示にする仕様としていましたが、「勝手に切れる」という意見が多かったため、この仕様を廃止し、登録した画像がそのまま表示されるようになりました。

その替わりにLightning 3.1.0ではモバイル用の画像が「外観 > カスタマイズ > Lightning トップページスライドショー」より別途設定出来るようになっています。

モバイル用の画像が登録されていない場合はPC用の画像がそのまま縮小されて表示されます。

アップデートの際は必要に応じてモバイル用の画像を登録ください。

Follow me!

Lightning Variety

Lightningをコンテンツマーケティングやメディアサイトとして活用するためにデザインと機能を強化したのが有料の拡張デザインスキン「Variety(ヴァラエティ)」です。

モバイル時のスライドショー画像を登録出来るようになりました。” に対して 18 件のコメントがあります

  1. 山城憲大 より:

    バージョンアップしたら、トップページが表示されなくなりました。

    変更前バージョン:Lightning 3.0.6 → 変更後:Lightning 3.1.0

    困っています。
    どうしたらいいでしょうか?

    1. 石川栄和 より:

      一旦子テーマではなく親テーマに切り替えてみてください。

      1. 山城憲大 より:

        返信ありがとうございます。

        返信の通りに親テーマに切り替えてみました。
        サイトは表示されましたが、子テーマで設定したデザインになっていませんでした。
        なので、元に戻しました。

        デザインも以前のものに戻すのはできませんでしょうか?

        1. 石川栄和 より:

          親テーマで普通に表示されるという事は子テーマのファイルのどれかに問題があるのだと思います。

          スライドショーの部分でエラーが出ているので、そのあたりの子テーマのファイルが怪しいと思います。

          とりあえず現状の子テーマはバックアップをとった上で

          module_slide.php と functions_helpers.php を親テーマから持ってきて上書きしてください。

          1. 山城憲大 より:

            回答ありがとうございます。

            前回の回答のように、

            module_slide.php
            functions_helpers.php

            を親テーマから持ってきて上書きしました。

            しかしサイトは表示されましたが、子テーマで設定したデザインになっていませんでした。
            ※前回のときと同じ状況でした。

            ただ回答の中に「スライドショーの部分でエラーが出ている」ということだったので、
            いろいろ試したら、以下の場合の修正をしたら、無事表示されました。

            子テーマに、親テーマから
            functions_helpers.php
            持ってきて上書きした後に、

            カスタマイズ>Lightningトップページスライドショーの
            モバイル用スライド画像を1つだけ、設定する。

            以上の設定で、ホームページが表示されました。

            なぜ表示されたのか原因はわかりませんが、
            モバイル用スライド画像が1つも設定されていない場合は、エラーにのかもしれません?
            と思いました。

          2. 石川栄和 より:

            ご確認ありがとうございました。
            弊社の方でも検証しましたが弊社では症状が発生しませんでしたので詳細はわかりませんが、今回のアップデートでは
            module_slide.php と
            functions_helpers.php に変更が入っています。

            module_slide.phpはスライドショー部分のファイルで、
            functions_helpers.php はLightningで使用する重要な汎用関数を記述しているファイルなので、
            現状子テーマでどのようなカスタマイズをされていたのか弊社ではわかりかねますが、
            おそらくデザインに関する記述は上記ファイルにはしていないと思いますので、
            それを考慮すると従来の子テーマに、Lightnig 3.1.0 の module_slide.php / functions_helpers.php を上書きした状態では、独自にカスタマイズされていてもデザインには影響がないはずです。
            ※デザインに関するカスタマイズの記述を上記2ファイルの何れかにしている場合は除く

            子テーマに module_slide.php や functions_helpers.php が存在しているという事は、どこかをカスタマイズするために意図的に親テーマから複製されてきて、どこかが変更されているのだと思いますので、
            従来の子テーマの module_slide.php と functions_helpers.php で変更してあった箇所を、新しく親テーマから持ってきて子テーマに上書きしたファイルに書き換えるか、
            従来の子テーマの module_slide.php と functions_helpers.php に対して、親テーマで新しくなった箇所を反映させる事になります。

            このあたりは独自でカスタマイズされている部分ですので、大変恐れ入りますが公式なサポート対象外となります。

            ご期待に添える回答が出来ず申し訳ございませんが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  2. のが より:

    私も上記バージョン同様で実施しましたが、以下のエラーが表示されます。元に戻しました。

    mod_fcgid: stderr: PHP Fatal error: Call to undefined function lightning_top_slide_image_src() in
    /hogehoge/wp-content/themes/lightning/module_slide.php on line 40, referer: https://hogehoge/wp-admin/update-core.php

    対応を教えて下さい。

    1. 石川栄和 より:

      恐らく子テーマでfunctions_helpers.phpを編集されていると思いますが、親テーマのfunctions_helpers.phpを子テーマに上書きするか、
      https://github.com/vektor-inc/Lightning/commit/4d45bff05188e86ed572ff0200713c88d4365bd1
      を参考にfunctions_helpers.phpに追加された

      function lightning_is_mobile() {

      以下の部分と

      function lightning_top_slide_image_src($i){

      以下の部分を追加してください。

      1. のが より:

        のが です。 ご回答ありがとうございました。確かに子テーマ内にfunctions_helpers.phpが存在しておりました。GREPすると、親テーマ内の内容とまったく一緒でした。(なぜ子テーマに入れたか定かではありません。何か変更しようとしたのかもしれません。)
        よって、3.1.0適用後、子テーマ内のfunctions_helpers.phpを削除し、解決しました。
        ありがとうございました。
        シンプルで大変使いやすいテーマです。今後とも、よろしくお願い致します。

  3. with より:

    Lightning 3.1.0にしましたが、
    スマホで「勝手に切れる」状態が変わりません。
    なぜですか?反映されていないのでしょうか?

    いくつかのホームページを持っていますが
    同じくスマホで「勝手に切れる」状態が変わりません。
    改善策を教えてください。

    なお、子テーマの中は初期のままです。
    (functions.php、style.css)

    http://tokyo-support.net/system/smart-eco/

    /////////////////////////////////////////////
    「勝手に切れる」という意見が多かったため、この仕様を廃止し、登録した画像がそのまま表示されるようになりました。

    1. 石川栄和 より:

      拡張デザインスキンCharmにおいてスライドの設定状況によって左右が切れたままになる不具合を確認いたしました。

      修正版をDLmarketにアップしてありますので、大変お手数ですがご確認のほどよろしくお願いいたします。

  4. with より:

    Lightning、ビズベクトルとも
    ページ印刷時にヘッダー画像がはみ出る。
    印刷画面が乱れる。

    お客様からの指摘で、確かに私もなぜ、
    印刷画面が違うのだろうと思っていました。

    見たままのページを印刷して人に見せたい。
    お客様に資料的に見せたい人は多々あります。
    デフォルトになっていない事自体がおかしいと思います。

    「OSやブラウザのスクリーンショット機能をご利用下さい。」
    この説明をするのはおかしい。と思います。
    顧客やユーザー様に押し付けることは出来ません。
    意味がわからない人は多くいます。

    いくつかのホームページを持っていますが
    印刷画面で「勝手に切れる」状態が変わりません。
    改善策を教えてください。

    //////////////////////////////////////////////
    印刷するとヘッダやサイドバナーが消えてしまいます。BizVektorには印刷用レイアウトが実装されており、同じ内容が繰り返し表示される部分は印刷されない仕様となっております。見たままの全てを印刷するには、OSやブラウザのスクリーンショット機能をご利用下さい。

    1. 石川栄和 より:

      主に以下の理由により現行の印刷仕様となっております。

      • エンドユーザーが『紙』に印刷をするという用途において、重要なのはそのページの見出しと本文であり、遷移する事の出来ないナビゲーションを紙にわざわざ印刷するのはナンセンスであるというBizVektor開発時の思想
      • Lightningで使用しているCSSフレームワークであるtwitterのBootstrapが同様の処理となっている(Bootstrap公式のサンプルページ( http://getbootstrap.com/examples/dashboard/ ))
      • 無償配布及び有償プラグインでも現行のライセンス形式(1ライセンスで複数インストール可)という料金形態ではブラウザの違いに加えて各ブラウザでの印刷画面でのレイアウトまで保証するレベルで実装する事は出来ず、完全有償化あるいはプラグインの大幅な値上げが必要となるので、印刷対応と価格のバランスを考えるとユーザーニーズとしては元々ウェブで見るものなので印刷でのレイアウトに対応するために価格が大幅に上がるよりも無料や安価の方が良いであろうという想定
      • PC閲覧時と同じような画面の印刷が必要な多くの場合は弊社テンプレートを使用してクライアントにデモを見せたりする事業者が想定されるが、事業者であればスクリーンショットは難しい事ではなく、紙のサイズ幅でPC版のレイアウトをデザインのサンプルとして見せられるようにするには先述の通り大幅な値上げをしないと成り立たないので、再現性を求めるのであればスクリーンショットに勝るものはないのでその方が早い。表示画面のスクリーンショットをワンクリックでとってくれる無料のブラウザ拡張も豊富に存在するので、1ライセンス無料あるいは数千円価格で無制限に使えるかわりに、紙の資料で見たままのレイアウトをクライアントに見せたい場合はスクリーンショットを印刷するという一手間はお願いしますというスタンスです。

      たとえば、業者様でもエンドクライアント様でも「では印刷対応いたしますので、その分の費用(1デザイン最低でも20万円以上(主要各ブラウザでの対応やアップデートに伴う長期的なメンテナンスも発生するため))をいただけますか?」となった場合に「いえ、それならスクリーンショットで対応しますので今の価格・仕様で大丈夫です」とおっしゃる方がほとんどだと思います。クライアント様が価格相応の価値を感じない(無料で代替え案がある)ものに対して、弊社が実際にその費用を投じて対応するというのは得策ではないと考えています。

      ご希望に添える回答ではなく恐れ入りますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  5. らんでぃ より:

    LightningをVer3.1.0にあげてモバイル用画像をトップページスライドショーに設定しましたが、スマホで確認してみると、モバイル用の画像とPC用の画像が不定期に表示されます。
    WordPressはVer4.7.5です。
    特別なカスタマイズはしておりません。
    何か解消法はありますでしょうか? 

    1. 石川 栄和 より:

      『不定期に表示』というのはもう少し具体的にどんな状況でしょうか?
      ちなみに該当部分に関しては端末判定で処理しているので、PCで狭い画像で表示させてもPC用の画像になります。
      あと、モバイル画像が登録されていない場合はPC版の画像が表示されるようになっています。
      スマホだけで確認してもPCとモバイル2種類登録してあるのにPCの画像が表示されている事があるという事でしょうか?

      1. ランディ より:

        お返事が遅れて申し訳ございません。
        PC画像とモバイル画像が登録されているのですが、スマホで確認した時の症状です。
        モバイル画像を登録した後にスマホで確認したところ、モバイル画像が表示されていたので安心していたのですが、再度スマホでアクセスしたらPC用画像が表示されるようになりました。
        それ以降は、PCでアクセスしてもスマホでアクセスしてもPC画面しか表示されません。

        モバイル画像のサイズ制限や画像登録以外の設定等がありましたでしょうか?
        ご教授の程、宜しくお願い申し上げます。

    2. らんでぃ より:

      PCとモバイル両方の画像が登録されていますが、Androidスマホで検証しています。
      確かにモバイル画像を設定した当初の検証時にはモバイル画像が表示されたので安心しておりましたが、後日AndroidスマホからアクセスしたところPC画像になっていました。
      それからは、ほぼPC画像が表示されます。
      時々モバイル画像が表示されますが、他のページからトップページに戻った時には、ほぼ100%の割合でPC画像に戻っています。
      但し、これらの現象が起きるタイミングは特定できていません。
      以上、よろしくお願いいたします。

      1. 石川 栄和 より:

        弊社環境で検証している限りご連絡のような症状は発生しないのですが、
        一旦スライド画像を全て登録解除いただいた上でスマホ・PCでスライド画像が表示されない事を確認し、その上で再度登録して検証いただけますでしょうか?

        お手数おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

この投稿はコメントできません。