ヘッダーロゴ、グローバルメニュー、タイトル、テキストの4つの項目でそれぞれフォントスタイルを変更できます。

フォントスタイルは明朝体とゴシック体、游ゴシックから選択できます。

【 カスタマイザー 】>【 Lightning フォント設定 】から設定してください。

Googleの日本語ウェブフォントが選択可能になりました

Google Fonts 使えます

Google Fonts の日本語フォントを使いたいという要望がありましたので、Lightning Pro 0.7.0 で対応しました。

グローバルメニューのサブテキストは別のフォントが指定できるようになりました

今まではメニューのフォント指定について、ヘッダーのグローバルメニューしか指定できませんでしたが、Lightning Pro 0.8.0からグローバルメニューのサブテキストは別のフォントが指定できるようになりました。

また、モバイルメニュー / モバイル固定ナビのフォントもグローバルメニューに指定したフォントが適用されるようになしました。

グローバルメニューのサブテキストのフォントが別の書体を指定できるようになりました

Lightning Variety

Lightningをコンテンツマーケティングやメディアサイトとして活用するためにデザインと機能を強化したのが有料の拡張デザインスキン「Variety(ヴァラエティ)」です。