この機能は Lightning Pro 1.6.1 以降で有効です。

Lightning Pro では各デザインスキンで見出しのデザインは指定されていますが、個別に指定する事も可能です。

外観 > カスタマイズ 画面「Lightning デザイン設定」画面より指定可能です。

2019年7月末時点での見出しデザインは下記の通りです。

文字サイズや余白については画面サイズ毎にどれくらいがいいかはユーザーによって好みが分かれますが、そこまで管理画面指定にすると設定項目が増えすぎるというデメリットと、既存の数値をCSSで変更する事で対応可能なため、当面システム側で実装する予定はありません。

Lightning Variety

Lightningをコンテンツマーケティングやメディアサイトとして活用するためにデザインと機能を強化したのが有料の拡張デザインスキン「Variety(ヴァラエティ)」です。