Lightning のコンテンツデータを作って販売しよう

テーマやプラグインを作って販売したくても、HTMLやCSS、PHPやJSなど、プログラムやデザインなどたくさんの技術・知識が必要になり、一般の方にはなかなかハードルが高く、気軽に参入できるものではありません。

 

 

しかし、Lightning を使ったコンテンツデータの制作なら以上のような知識がなくてもサイトを構築する構成力と WordPress に付随する機能を使えるスキルがあれば誰でもデモサイトを作ってそれをデータ化し、販売することが可能です。

 

 

デモデータとは?

Lightning ではデモサイトを公開していますが、プラグインなどを使えば空の WordPress にデータをインポートするだけで、一瞬にしてデモサイトと同じ構成のサイトを作ることができます。そのデータが今回作る「コンテンツデータ」です。

なぜコンテンツデータが売れるのか?

  • サイトの構成アイディアが浮かばない
  • 機能やレイアウトを使いこなせない
  • 時間がない

このような理由で、自力でサイトを構築するのが困難なサイトオーナーさんがいらっしゃいます。また、サイトを作って公開しているものの問い合わせなどの反応がない…ということもあるようです。

そこでみなさんが作るコンテンツデータがあれば、サイトオーナーさんはしっかり構成案が練られた
「結果の出る」サイトをインポートするだけで構築できます。

現在2万サイト以上でご利用いただいている WordPress 登録テーマ「Lightning」だからこそ、ユーザー数が多いので様々な業種の方の利用が考えられます。

普通では需要がなさそうな業種も利用者がいる可能性が高いです。

ショッピングサイトのオーナーはあなた

デモデータ制作からショッピングサイトの構築まですべてお任せします。

Lightning を使って好きな業種でダミーテキストや写真を入れたコンテンツデータを制作してください。

制作・販売のルール(弊社サイトへの掲載ルール)

  • デモサイト用のサーバーや WordPress は各自準備をお願いします。
  • テーマは「Lightning」を利用し、プラグインで「ExUnit」も有効化してください。
  • 配布されている写真を使う際のライセンスなどの管理はご自身でお願いします。
  • プラグイン「All-in-One WP Migration」を使ってデータ化してください。
  • 子テーマは使わず制作してください。
  • まずは有料デザインスキンは使わないでデータを制作してください。
    (将来的には有料デザインスキンを使ったデモデータ販売も検討中です。)
  • ページ本文にCSSを直接記載するのは実際の利用者が該当部分をコピー&ペーストで複製したりする時に壊れやすいのでNGです。
  • 外観 > カスタマイズ > 追加CSS や ExUnit > CSSカスタマイズ から独自の指定を追加するのはかまいませんが、CSSの知識のないユーザーが困らない事を意識して作成してください。
  • ショッピングサイトはBASEなどを利用してご自身でご用意ください。
    BASEでの基本的な設定手順はこちらをご覧ください。
    BASEの設定方法について不明点はBASEにお問い合わせください。

上記のルールを守っていただければ自由に制作、販売していただけます。金額もご自由に決めていただけます。また、売上の何割かを弊社にバックする必要もございません。

ルール上問題がなければ、申請頂いたものについて弊社サイト内でも紹介しますのでまずはページ下部よりデータ登録者申請をしてください。

WIN-WIN でみんなハッピーに!

Lightnig を使って
制作ができるあなたはサイト制作の
スキルの持ち主です!

あなたがコンテンツデータを制作することで、

  • サイトオーナーは、簡単に結果の出るウェブサイトが作れる
  • データ制作者は、データ販売による収益が得られる
  • ベクトルは Lightning のユーザーが増える

と、Lightning を利用するみなさんがハッピーになります。

あなたもスキルを活かして、デモデータを作って自分の
ネットショップで販売しませんか?

コンテンツデータを作る手順

まずはコンテンツデータを作ります。

あらかじめ WordPress のインストールは済ませて、「Lightning」を有効化しておいてください。

1.テーマを決めてサイトを作ります

好きな業種を決めて Lightning をベースにサイトを作ってください。制作は独自 CSS を使わず既存の機能のみを利用して行ってください。

中に入れるテキストデータや写真などはご自身でご用意ください。

配布されている写真を使う際のライセンスなどの管理はご自身でお願いします。ライセンスに関するお問い合わせなども受け付けておりません。
配布素材のご利用に関する一切の責任を弊社では負いかねます。

ライセンスに関して不安な方はデモデータを作る際、「No-Image」などと書いたダミーデータを入れてデータを完成させてください。

 

 

 

2.プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールしてください

3.サイトデータをエクスポートします

「All-in-One WP Migration」を有効化するとダッシュボードのメニューに追加されますので、「エクスポート」を選択

「ファイル」をクリックするとエクスポートが開始します。

エクスポートが完了すると下記のようなポップアップが表示されます。

ダウンロードはまだ完了していません。必ず、緑のバナーをクリックしてサイトデータをダウンロードしてください。

ダウンロードが完了するとダウンロードフォルダなどに保存されているのが確認できるかと思います。

「.wpress」 の拡張子のものが先程エクスポートしたデモデータです。

 

販売サイトを構築する

今回は簡単にネットショップが開業できる「BASE」を利用する前提で解説いたします。

BASEを使ったデータ販売サイトの作り方

 

データ作成の際のポイント

コンテンツデータは言ってしまえばデモサイトから手動でコピーする事も可能です。それでは購入していただきにくいので購入を後押しする特典データなど要素が必要です。

例1: 提案書データをセットで販売する

コンテンツデータのサイトに適した提案書のコンテンツデータをセットで販売する事により、購入者はその提案書を書き換えて顧客に提案する事が出来るのでメリットが増えます。

例2 : 画像データなどを同梱する

コンテンツデータには使用していない購入者限定の画像データなどを付属する事で購入者のメリットを増やします。

データ販売ユーザー登録申請

Lightning Variety

Lightningをコンテンツマーケティングやメディアサイトとして活用するためにデザインと機能を強化したのが有料の拡張デザインスキン「Variety(ヴァラエティ)」です。