簡単にLightning Pro へアップデートできます

下記のいずれかに該当する方は、以下にご案内する手順にてLightning Proへアップデートできます。

  • 無料版LightningからLightning Proへアップデートしたい
  • 無料版Lightning + 旧デザインスキン からLightning Pro へアップデートしたい

1. バックアップをとる

バックアップをとっていない場合は、まずバックアップをとってください。

2. Lightning Pro をアップロード

ダッシュボードの【外観】>【テーマ】>【新規追加】画面にて、ダウンロードされた「lightning-pro.zip」をアップロードし「今すぐインストール」ボタンをクリックしてインストールします。

なお、インストール時に「辿ったリンクは期限が切れています。」や「本当に実行していいですか?」のメッセージが表示される場合は、ご利用のサーバー側で最大アップロードファイルサイズの変更が必要です。下記ボタンのリンク先記事を参考に設定を行い、その後にアップロードを行ってください。

3. [子テーマをご利用の場合]style.cssを編集する

子テーマのサンプル用データの場合

子テーマは、テーマと同様に【/wp-content/themes/】ディレクトリにあります。 FTPソフト「Filezilla」の場合はこのように表示されます。

子テーマの「style.css」をテキストエディタで開き、記述されている Template : を「lightning」から 「lightning-pro」に変更してください。

4.テーマを Lightning Pro に変更

ダッシュボードの【外観】>【テーマ】 より、テーマを Lightning Pro に変更します。

子テーマを使っている場合も一旦 Lightnig Pro にしてください。

5. [子テーマをご利用の場合]子テーマに変更

子テーマに変更してください。

6. [ 有料の拡張デザインスキンをご利用の場合 ]  新しいバージョンにアップデート

拡張デザインスキンをご利用の方は、新しいバージョンのデザインスキンにアップデートしてください。

7.ライセンスキーを入力

Lightning Proを自動更新に対応させるにはライセンスキーの設定が必要です。
ダッシュボードの 【外観】> 【カスタマイズ】画面の「Lightning ライセンスキー」パネルより、ライセンスキーを入力して保存してください。

ライセンスキーの確認方法は以下にて詳しくご案内しています。

8.Lightning Proを最新にアップデート

【外観】>【テーマ】 より、Lightning Pro の「今すぐ更新」より最新にアップデートします。

必ずLightning Proを最新にアップデートしてください。

「今すぐ更新」が表示されない場合

「今すぐ更新」がすぐに表示されない時は、ダッシュボードの【更新】より、Lightning Pro をチェックし「テーマを更新」をクリックして最新にアップデートしてください。

9. 必要に応じてウィジェットを再配置

Lightning Pro は無料版に比べてウィジェットの数が多くなっているため、Proに切り替えると配置してあったウィジェットが別のウィジェットエリアに移動したりする事があります。トップページなどウィジェットの位置がずれている場合は 【外観】>【ウィジェット】より、必要に応じてウィジェットを再配置してください。

10. その他確認が必要な設定

Lightning Proに切り替えた際に確認が必要な設定については、以下よりご確認ください。

No Post is selected