ライトニンググリッドユニット

「Lightning Grid Unit」は、WordPress公式無料テーマ「Lightning」用のプラグインです。
通常、投稿の記事リストはタイトルと日付とサムネイル付きのリストとして表示されますが、Grid Unit を使うとグリッドレイアウトにする事が出来ます。
画像を目立たせたい方におすすめのプラグインです。

Lightning Grid Unit 機能紹介

「Lightning Grid Unit」は、Lightning 及び Lightning の子テーマで利用可能で、もちろんレスポンシブなのでタブレットやスマートフォン対応です。
トップページにグリット表示する場合は、ウィジェット機能で簡単にグリットデザイン表示にできます。

Lightning Grid Unit デモサイト

Lightning Grid Unit を使用して実績を掲載したデモサイトを用意しました。実際の表示をお確かめください。

Lightning Grid Unit デモサイトを見る

トップページ表示例

トップページにはウィジェット機能でグリットデザイン表示にできます。

トップページにはウィジェット機能でグリットデザイン表示にできます。

一覧ページ表示例

一覧ページでの表示例

一覧ページでの表示例

Lightning Grid Unitの使い方

  1. ダウンロードしたファイルをWordPressのプラグインフォルダにアップロードしていただくか、管理画面の「プラグイン」→「新規追加」→ プラグインのアップロード よりzipファイルをアップロードします。
  2. 管理画面の「プラグイン」より「Lightning Grid Unit」の有効化をクリックします。
  3. 有効化すると「設定」→「Grid Unit」より設定画面に移動し、基本設定をして機能を有効化する事が出来ます。

トップページに表示する場合

Grid Unitプラグインをインストールすると、外観メニューの中の「ウィジェット」設定画面に「Lightning Grid Unit」のウィジェットが追加されますので、『トップページコンテンツエリア上部』のウィジェットエリアに入れてください。

Grid Unit のウィジェットをセットします。

Grid Unit のウィジェットをセットします。

カスタム可能な設定は以下の通りです。

  • タイトル:ウィジェットが表示される場所にタイトルを追加します
  • 表示する投稿数:投稿数を選べます
  • 表示する投稿タイプ:表示する投稿タイプを自由に選べます(※複数可能)
  • 続きを表示:続きを表示カードと続きを表示ボタンを表示できます。

カスタム可能な設定

カスタム可能な設定

アーカイブページをグリッドレイアウトにする場合

カスタムページやアーカイブページをグリッド表示にするにはまず設定メニューの中の「Grid Unit」をクリックしてください。Grid Unitの設定ページが表示されます。
グリッドレイアウトにする投稿タイプを選択して変更を保存すると、アーカイブページがグリッドレイアウトになります。
必要に応じて投稿の日付を非表示にもできます。

アーカイブページをグリッドレイアウトにする場合

アーカイブページをグリッドレイアウトにする場合

カスタム投稿タイプ対応

Lightning Grid Unitは投稿の他に、カスタム投稿タイプにも対応しています。

その他仕様

  • 画像は該当する各記事や固定ページのアイキャッチ画像が表示されます。
  • 現在対応している投稿タイプは投稿、固定ページ、その他カスタム投稿タイプです。
  • プログラムの特性上グリッドに配置されるまでに一瞬タイムラグがあります。

デザインカスタマイズ例文リスト

デザインカスタマイズ例文リスト

更新履歴と対応バージョン

リリース日 バージョン 対応するLightning 変更点など
2016.05.19 1.0.0 0.1.11以降 初版リリース

販売価格・ご購入

ライセンス
GPL v2

※一度のご購入で複数のサイトにご利用いただけます。

販売価格 3,980円(税抜)

Lightning Grid Unit の購入はこちら(DLmarket)

Lightning Origin Pro

Lightning 標準のデザインスキン 「Origin」適用時にヘッダー上部に「キャッチコピー」「サブメニュー」「電話番号」「問い合わせボタン」を表示する事ができます。

また、MediaPostsウィジェット機能で投稿を多彩なデザインレイアウトで表示する事がが可能です。