「Lightning Works Unit」は、WordPress公式無料テーマ「Lightning」用のプラグインです。制作実積や施工事例を表示させるための機能を、簡単に追加実装出来ます。

Lightning Works Unit 機能紹介

「Lightning Works Unit」は、Lightning 及び Lightning の子テーマで利用可能で、もちろんレスポンシブなのでタブレットやスマートフォン対応です。

表示させたい項目やカテゴリーなどを独自に追加することも出来ますので、お客様のビジネスに合わせてご利用いただく事が可能です。

Lightning Works Unit デモサイト

Lightning Works Unit を使用して実績を掲載したデモサイトを用意しました。実際の表示をお確かめください。

Lightning Works Unit デモサイトを見る

トップページ表示例

トップページ表示例

トップページにはウィジェット機能で実績を表示できます。

一覧ページ表示例

一覧ページでの表示例

一覧ページでの表示例

詳細ページ表示例

詳細ページでの表示例

詳細ページでの表示例

Lightning Works Unit の使い方

  1. ダウンロードしたファイルをWordPressのプラグインフォルダにアップロードしていただくか、管理画面の「プラグイン」→「新規追加」→ プラグインのアップロード よりzipファイルをアップロードします。

  2. 管理画面の「プラグイン」より「Lightning Works Unit」の有効化をクリックします。

  3. 有効化すると「設定」→「Works Unit」より設定画面に移動し、基本設定をして機能を有効化する事が出来ます。

  4. 有効化した後、必ず「設定」→「パーマリンクの設定」を一度保存してください。

表示項目を追加して、あらゆるビジネスに適用させる

表示項目は、初期状態では「URL」「時期」の表示が可能ですが、「クライアント」や「施工先」、「作品名」や「型番」など独自の項目を追加(複数追加可能)することで、詳しく実積を紹介することが可能です。

実績用カスタムフィールド項目設定

また、追加した項目は一覧ページで表示・非表示にするのかを切り替える事も可能ですので、一覧ページでは情報をスッキリと簡潔に伝え、詳細ページでは詳しく伝えるというメリハリ感を出す事も可能です。

基本設定画面

カテゴリーを追加して、情報を分類する

例えば、内装工事の実積であれば「施工カテゴリー(一般住宅・飲食店・美容院・事務所)」や「施工エリア(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)」など、ウェブ制作会社の実積であれば「実積カテゴリー(製造業・美容関連・飲食店・不動産)」などが考えられますが、独自のカテゴリーを追加して情報を分類(カテゴリーごとに一覧表示可能)することが可能です。

実績用カテゴリー分類設定

メイン画像の登録モードを切り替えて比較表示する

実積を登録する際に、メイン画像を登録することが可能となっておりますが、その際に「Before-After Mode」をクリックすることで、画像を2枚登録する事が可能になります。

施工前-施工後など、画像を比較してより訴求をしたいようなケースで、非常に有効な機能となっております。

Normal mode でメイン画像を表示

Normal mode でメイン画像を表示

Befor - After mode でメイン画像を表示

Befor – After mode でメイン画像を表示

明快な設定画面

WorksUnit の設定画面の全体です。
管理画面をみていただければ使用方法が分かるよう、説明を多く表示しています。「管理画面の説明文を省略する」設定もあるので、説明文が邪魔になる場合は非表示にできます。

6_

更新履歴と対応バージョン

リリース日 バージョン 対応するLightning 変更点など
2015.10.15 0.0.0 0.1.11以降 初版リリース

販売価格・ご購入

ライセンス
GPL v2

※一度のご購入で複数のサイトにご利用いただけます。

販売価格 14,800円(税抜)

Works Unit の購入はこちら(DLmarket)

Lightning JPNSTYLE

「JPNSTYLE」適用時にヘッダー画像をページごとに設定していただくことができます。標準でページ背景やタイトルアイコンに和テイストのパーツが設定できるようになっているので、和風サイトに適しています。

無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」を同時に利用することで、柔軟なサイト制作が可能です。