Lightning コピーライトカスタマイザーはフッターに表示されるコピーライト表記を自由に変更できるプラグインです。
※LightningおよびLightningの子テーマ専用プラグインです

※ご自身で著作権表示部分のソースコードを削除したり改変してもライセンス上問題はありません。

デフォルトのコピーライトを削除したり、お好きなテキストに変更することができます。HTML タグを挿入することも可能です。

フッターのコピーライト

このプラグインを使用すれば、会社やお店・サイト名など独自のコピーライトへ簡単に変更することができます。

プログラムや HTML などの知識がなく削除方法がわからない方や、バージョンアップの度に該当箇所を削除するのが面倒という方に便利なプラグインです。

価格

販売価格 1,480円(税込)

※本プラグインはフッターの表記をカスタマイズするためだけの商品・価格であり、Lightning 本体の動作保証やサポートは一切含んでおりません。

備考

  • Lightning 本体のライセンスは GPL ですので、ご自身でカスタマイズする方法が分かる方はテーマファイルにてカスタマイズしていただいてもライセンス上問題ありません。
    しかしながら本プラグインの売上は重要な開発費となります。売上が減少すると開発停止やスプリットライセンスを適用した利用制限に繋がります。アフィリエイトを設定してありますので、プラグイン紹介のご協力をよろしくお願いいたします。
  • 改変して再配布や販売を行う場合はGPLライセンスに基いて著作権表示は必須です。
  • 1ライセンスで複数のサイトにご利用いただけます。

使い方

まずは上記リンクのデータ販売サイトより購入し、プラグインデータを入手します。
次に、「管理画面」→「プラグイン」→「新規追加」画面に移動し、タイトル橫の「アップロード」をクリックします。

「管理画面」→「プラグイン」→「新規追加」画面

プラグインを追加画面へ移行しますので、「ファイルを選択」ボタンから先ほどダウンロードしたプラグインファイルを選択し、「いますぐインストール」ボタンをクリックしアップロード&インストールします。

プラグインを追加画面

正常にインストール完了したら「プラグインのインストールが完了しました。」とメッセージが表示されます。インストールできたら、メッセージ下の「プラグインを有効化」のリンクをクリックしプラグインを有効化します。

「プラグインを有効化」のリンクをクリックしプラグインを有効化

有効化が終わると「インストール済みプラグイン」画面へ移行します。
この画面の中から「Lightning Copyright Customizer」プラグインの項目を探します。プラグインが有効化されているとプラグイン名の下へ「設定」のリンクが表示されますので、このリンクをクリックして設定画面(カスタマイザー画面)へ進みます。

プラグイン名の下へ「設定」のリンクが表示されます

設定を行うカスタマイザー画面の左サイド一番下に「ライトニングコピーライトカスタム」の項目が追加されています。この項目をクリックすると入力エリアが表示されます。

カスタマイザー画面の左サイド一番下に「ライトニングコピーライトカスタム」の項目が追加されています

この入力エリアへ、表示させたいテキストや HTML を入力して下さい。

入力エリアへ、表示させたいテキストや HTML を入力

カスタマイザー画面では入力されたら自動的に保存されますが、もし自動保存されない場合は画面上部の「保存して公開」ボタンをクリックして保存します。

以上の作業で、フッターのコピーライト標記の変更が完了します。

Lightning Origin Pro

Lightning 標準のデザインスキン 「Origin」適用時にヘッダー上部に「キャッチコピー」「サブメニュー」「電話番号」「問い合わせボタン」を表示する事ができます。

また、MediaPostsウィジェット機能で投稿を多彩なデザインレイアウトで表示する事がが可能です。