WordPressでは初期状態ではトップページに最新の投稿一覧を表示しますが、固定ページを選ぶ事もできます。

その場合は、最新の投稿一覧を別の固定ページを作成して表示するように設定します。

コーポレートサイトの場合は、投稿一覧ページをトップページ以外にも設定するケースが多いと思いますので、トップページには固定ページを割り当てておきます。

トップページ用と投稿トップページ用の固定ページの作成

※サンプルデータをインポートしている場合は、インポートした時点で自動的に生成されているのでこの作業は必要ありません。

  1. 管理画面左側メニューの『固定ページ』→『新規追加』
    (画面上部管理バーから『ページの管理』→『ページの追加』でも出来ます)
  2. タイトル名を『トップページ』などと入力して保存(公開)して下さい。
  3. 同じく、固定ページで『ブログ』などの名称で、投稿一覧用の固定ページを作成します。

トップページと投稿トップページの設定

  1. 管理画面左側メニューの『設定』→『表示設定』
  2. 『フロントページの表示』のラジオボタンを『固定ページ』に選択し、「フロントページ:」のプルダウンメニューで、先ほど作成した『トップページ』を選択します。
  3. 『変更を保存』ボタンを押して下さい。
  4. 同じく「投稿ページ:」のプルダウンで先ほど作成した「ブログ」を設定します。

投稿ページトップの仕様について

Lightningでは「投稿ページ:」のプルダウンが選択されている場合、投稿記事のパンくずリストはHOMEの次に、選択したページ名になりますが、未選択の場合は記事のカテゴリー名になります。

 

設定ガイド

Lightning JPNSTYLE

「JPNSTYLE」適用時にヘッダー画像をページごとに設定していただくことができます。標準でページ背景やタイトルアイコンに和テイストのパーツが設定できるようになっているので、和風サイトに適しています。

無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」を同時に利用することで、柔軟なサイト制作が可能です。