Lightning のversion 2.6.0 より、「Langind Page」テンプレートを追加しました。
通常固定ページではページ上部にページタイトルやパンくずリストが表示されますが、「Langind Page」テンプレートではそれらが表示されなくなります。

Landing Page 指定したページ用のウィジェットエリア

ページ属性のテンプレートで「Landing Page」を選択して保存すると、その固定ページ用のウィジェットエリアが自動的に利用出来るようになります。

lightning_lp_admin_1

「外観」→「カスタマイザー」で固定ページで「Landing Page」を選択したページに移動して、「ウィジェット」に進むと、「LP widget “固定ページのタイトル” 」というウィジェットエリアが設定出来るので、「VK PR Block ウィジェット」や「VK 固定ページ本文ウィジェット」、「VK 最新記事ウィジェット」など、好きなウィジェットを組み合わせてページを作成する事ができます。

固定ページ本文エリアウィジェット

固定ページ本文の内容について

Landing Page に設定した固定ページの本文欄に入力した内容は、ウィジェットエリアの下部に表示されます。

但し、本文欄が空の場合は何も表示されません。

上記の仕様の影響により、ExUnitから、本文下部にお問い合わ情報やSNSボタン等を表示する場合は、本文欄に何かしら入力する必要があります。

VK All in One Expansion Unit

WordPressでウェブサイトを構築する時に毎回沢山のプラグインをインストール・更新するのが手間ではありませんか?
また、気に入ってたテーマの機能があるけれど、テーマを変更するとその機能が使えなくなるからテーマを変更出来ないといった事はないですか?

VK All in One Expansion Unit は最近のウェブサイトに求められる様々な機能を実装した多機能統合型プラグインです。

もちろんプラグインなので、テーマ(デザイン)を何にするかはあなたの自由です。