独自のデザインスキンを作成する場合は、子テーマのfunctions.php あるいは独自のプラグインに以下の書式で記載すると、
外観 > カスタマイズ 画面の『Lightningデザイン設定』パネルのデザインスキン選択プルダウンに表示されるようになります。

// sample の箇所を任意の名称に変更してください
add_filter( 'lightning-design-skins', 'ltg_sample_register_skin' );
function ltg_sample_register_skin( $array ) {
	$data = get_file_data( __FILE__, array( 'version' => 'Version' ) );
	// スキン識別用名称
	 $array['sample'] = array(
		 // プルダウンへの表示名
		 'label'              => 'Sample',
		 // CSSのURL
		 'css_path'           => plugin_dir_url( __FILE__ ) . 'css/style.css',
		 // 編集画面用のCSSのURL(指定しない場合はコメントアウトまたは削除でかまいません)
		 'editor_css_path'    => plugin_dir_url( __FILE__ ) . 'css/editor.css',
		 // 編集画面用(Gutenberg)のCSSのURL
		 'gutenberg_css_path' => plugin_dir_url( __FILE__ ) . 'css/editor-gutenberg.css',
		 // javascript のURL(指定しない場合はコメントアウトまたは削除でかまいません)
		 'js_path'            => plugin_dir_url( __FILE__ ) . 'js/common.min.js',
		 // スキン固有のPHPファイルを読み込む場合のPHPファイルのサーバーパス(指定しない場合はコメントアウトまたは削除でかまいません)
		 // 'php_path'        => plugin_dir_path( __FILE__ ) . 'skin-active.php',
		 // スキン固有のコールバック関数(指定しない場合はコメントアウトまたは削除でかまいません)
		 'callback'           => 'ltg_sample_current_function',
		 // デザインスキンのバージョン
		 'version'            => $data['version'],
	 );
	return $array;
}

また、もう少し高度なスキンを作成するための実用サンプルプラグインは下記に公開していますので、参考にしてみてください。

デザインスキンプラグインサンプル

Lightning Variety

Lightningをコンテンツマーケティングやメディアサイトとして活用するためにデザインと機能を強化したのが有料の拡張デザインスキン「Variety(ヴァラエティ)」です。