ビジネスサイトの雛形を
3分でセットアップ

用意するのは真っさらなWordPress環境だけ。
テーマ・推奨プラグイン・コンテンツデータなど、必要なものが全て有効化された状態でセットアップされます。

  • このデータは新規セットアップ用データです。既存のサイトにインポートすると全て消失します。
  • インポートした後のIDとパスワードは vektor になります。変更してご利用ください。

既存のサイトに追加して使いたい場合や、クイックスタートのデータはサーバーの都合でインポートできないという場合は下記ページの手順で手動でセットアップしてください。

1. デモサイトのデータをダウンロード

クイックスタートのためのデータをこちらからダウンロードします。

2. プラグイン All-in-One WP Migration をインストール

簡単セットアップに必要なプラグインをインストールします。

【2】管理画面の【プラグイン】>【新規追加】ページを開く

【3】右上の検索窓に「All-in-One WP Migration」と入力

【4】All-in-One WP Migration のプラグインが検索結果として表示されるので「今すぐインストール」をクリック

新規セットアップ用データです。既存のサイトにインポートすると全て消失します。

【5】インストールが完了したら「有効化」ボタンをクリックしてプラグインを有効化

これで管理画面の左側のメニューに「All-in-One WP Migration」が追加されているのが確認できます。

3. デモサイトのデータをインポート

インポート前に最大アップロードサイズを確認

デモサイトデータのインポート前に、WordPressの「最大アップロードファイルサイズ」を確認してください。

【 All-in-One WP Migration 】>【インポート】画面を開き、「最大アップロードファイルサイズ」がデモサイトデータより小さい場合は 、ご利用のサーバー側にて上限値の変更が必要です。

アップロードサイズの上限値は、ご利用のサーバーによって初期値が異なります。以下をご参考に変更作業を実施してください。
下記のレンタルサーバーに該当しない場合も、変更手順を参考にしてご対応ください。 

既存のサイトに追加して使いたい場合や、クイックスタートのデータはサーバーの都合でインポートできないという場合は下記ページの手順で手動でセットアップしてください。

デモサイトデータのインポート

最大アップロードサイズに問題なければ、先程ダウンロードしたデモサイトのデータをインポートします。

  1. 【 All-in-One WP Migration 】>【インポート】画面を開く
  2. 最初にダウンロードしたファイルをドラッグ & ドロップ
    あるいは、画面中央の「インポート元」のメニューを開いて「ファイル」からダウンロードファイルを選択してインポートを開始。

途中、警告のようなポップアップが出ますが「 Proceed > 」をクリックしてインポートを完了させます。

無事インポートが完了すると「データを正常にインポートしました。」と表示されます。

「 Close 」ボタンを押してポップアップを閉じてください。

これでデータのインポートが完了します。

このキャプチャと同じTOPページが表示されていれば成功です!

4. デフォルトのユーザーを削除・新規作成

インポートが完了したら、一度ページを更新(リロード)してください。
ユーザー名とパスワードを入力する画面になりますので、

ユーザー名:vektor
パスワード:vektor

にてログインし直します。

【Lightning Pro版のみ】 自動更新の対応

今ページからダウンロードしたコンテンツデータではなく、Lightning Pro版用の表記のあるコンテンツデータをご利用の方はユーザー名「vektor」でログインし直した後、ライセンスキーを設定することでテーマの更新が可能となりますので、ご対応ください。

新しい管理ユーザーを設定する

初期状態で作成されている vektor ユーザーは削除する必要があるので、かわりに管理ユーザーを作成します。

管理画面左メニューの「ユーザー > 新規追加」画面から、ユーザー名 (必須)、メールアドレス (必須)、パスワード、権限グループを設定します。

パスワードは自動で生成されていますが、必要に応じて管理しやすいように設定し直すことをもできます。

再設定をするには「パスワードを表示」をクリックして入力し直してください。

権限グループは「管理者」を選択します。(その他ユーザーを追加する場合は適宜設定してください。)

すべて設定し終わったら「新規ユーザーを追加」ボタンをクリックして保存してください。

元々のユーザー(vektor)を削除

一度ログアウトして新規作成したアカウントでログインし、元々登録されていた vektor ユーザーを削除します。

※削除し忘れると第三者に簡単にログインされる可能性があるため、この作業は必ず行ってください!

削除を選択すると「ユーザーの削除」というページに遷移しますので、「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」にチェックを入れて「削除の実行」ボタンを押して削除を実行します。

管理者用のメールアドレスを変更

【 設定 】>【 一般 】のページで「メールアドレス」に登録してあるアドレスを任意のアドレスに変更してください。

お問い合わせフォームのメール送信先の変更

【 お問い合わせ 】>【 メール 】のページで「送信先」のアドレスを任意のアドレスに変更してください。

5. パーマリンクを保存

最後にパーマリンクを保存します。

【 設定 】>【 パーマリンク設定 】のページで設定は何も変更しずに、「変更を保存」をクリックします。

パーマリンクの保存をしないと、ページが正常に表示されない場合があるので、ご注意ください。

6. テーマ・プラグインを最新状態に更新

テーマ・プラグインをそれぞれ最新の状態に更新してください。

7. プライバシーポリシーページの変更

プライバシーポリシーページの社名と代表者名を変更し、記載内容についても適宜変更してください。

8. 各種設定

基本の設定が完了したら、それぞれの項目を自分のサイトに合わせて変更してください。

設定の変更はダッシュボードから【 外観 】>【 カスタマイズ 】にてカスタマイザーを起動します。

カスタマイザーが起動されると、項目ごとに鉛筆マークがあるのが確認できるかと思いますので、変更したい箇所の鉛筆をクリックしてください。そのまま編集画面にジャンプします。

すべてのページの画像やコンテンツを変更して、オリジナルサイトを完成させてください!

ウィジェットの使い方などは ExUnit の公式ページなどからご確認ください。

VWSオンラインコミュニティー

有料ユーザー限定のオンラインコミュニティでは、より良いテーマ・プラグイン開発のための機能改善・追加要望などの書き込み大歓迎です!
ユーザー同士の交流・意見交換の場としてもお気軽にご参加ください。